横浜を中心に関東圏、浮気調査が得意な探偵事務所です。

エースリサーチ探偵事務所

横浜探偵の見積書

現役探偵が教える本当にいい探偵会社を選ぶ方法②

投稿日:2015年2月20日 更新日:

現役探偵が教える本当にいい探偵会社を選ぶ方法と注意点の続きです。

「探偵を頼みたいと考えたけれど、どうやって選んだらいいのか困るのよ」

こんな質問をされるお客様も大勢いらっしゃいます。今日は前回の続きで注意していくことをご紹介していきます。

面談をする

金額が折り合わないなど、そもそも無理そうであれば、その会社は辞めましょう。少しでも安く、と思うのなら、上記1と2を繰り返して下さい。無理に値切ると、人員が削減される可能性があります。

探偵業届出証明書が事務所に掲示、または見せる

これ、当たり前です。探偵業を行うにあたり、管轄の警察署へ届出をしなければなりません。この届出を出すことにより、本籍地記載の住民票等を提出することになりますので、どこの誰だか全く分からないということはありません。

また、探偵業の営業欠格事由(例えば、暴力団員ではない等)に該当しないことが条件でもあります。

全く話が逸れてしまいますが、最近振り込め詐欺の輩が、振り込みしないとあなたのことを調査する、などあたかも探偵のようにメールを送ってきましたが、届出の番号を公安委員会に試しに確認したところ、偽りであり、該当番号は存在しないとのことでした。こんな風に確認ができますので、ご安心下さい。

信用できる相談員(会社)か判断する

ここが重要です。相談員が信用できなければ、その会社なんて信用できないですよね。前述の通り、お金を払って、商品を受けとれるものではありません。自分が知りたいことを、自分の代わりに調査をしてくれる相手を探している訳です。

ですから、自分の目で確認して下さい。何が信用できるのかは、それぞれ違うと思います。話し方だったり、正直だったり、色々あります。親身になって話を聞いてくれるとか、経験から判断して下さい。

今(本日)契約すれば○○(お安く、サービス)します、に騙されない

こんなこと言うのは、契約をとりたくてしょうがない証です。調査日が差し迫っていたりは別ですが、考えるスキを与えていません。できることならば、その場で契約して欲しいことは、明確ですよね。

でも、御依頼社の立場を考えたら、高額で、しかも信用での契約ですから、じっくり考えてもみたくなります。それでも上記のようなことを言う会社は避けた方が無難です。

見積りに期日を設けていることは、昨今の物価上昇や増税などの諸事情により、一般的に設定すると思われます。見積り有効期日の設定は問題ないでしょう。

自分の話をちゃんと聴いてくれる

当たり前のことです。探偵に頼むことになるなんて、何度もあることではありません。御依頼者は緊張等のせいで、どう話をしていいのか分からず、支離滅裂な説明をされる方も少なくありません。

慌てさせず、ゆっくり、その話を聴きながら、整理をし、対象者のことなど、詳しく聴き出してくれる相談員なら、いいでしょう。

この業界は、大会社か小さい会社かの両極端です。その為、面談室や事務所を儲けることもない会社もあります。事務所がないからと言って、信用できないとの判断とはならないと考えます。今は、探偵業の届出もありますし、前述のように、管轄の警察署で分かります。

昔は悪徳な業者が多数あったようですが、現在は、上記のことから殆どいなくなっています。

こんな落とし穴に注意

散々見積りし、料金設定の安い探偵会社と契約したとします。「今日怪しいから、今から調査して」など、当日急に調査をお願いしようとすることもあるかもしれません。でもそういった会社は、調査員を何人も雇っていないことが多く、対応できないこともあります。そういったメリットデメリットも考慮に入れる必要もあります。

以上、是非探偵会社を決めるときの参考にしてください。

受付

-浮気調査

Copyright© エースリサーチ探偵事務所 , 2018 AllRights Reserved.