横浜を中心に関東圏、浮気調査が得意な探偵事務所です。

エースリサーチ探偵事務所

いい探偵会社の選び方

現役探偵が教える本当にいい探偵会社を選ぶ方法と注意点①

投稿日:2015年2月19日 更新日:

いざ、探偵を頼みたいと考えたけれど、どうやって選んだらいいのか、どうやって決めたらいいのか、悩むことでしょう。もちろんこの記事を書いている弊社に頼んでください!と営業をしたいですが、そんな露骨なことをしても仕方がないので、本日はよい探偵会社の選び方についてお伝えできればと思います。

※個人的見解のため、他のブログなどでは違った意見があるかもしれません。しかし探偵をやっているからこそ言える意見だと思いますので参考にしていただければ幸いです。

友人にはよい探偵は紹介してもらえない

なぜならば探偵を雇ったということは秘密にしたいと思うからです。ご主人や奥様が浮気をしていたというのは、できれば世間には公表はしたくありませんよね。だからほとんどの人は自力で興信所・探偵会社を探します。

看板や電車の吊革広告やインターネットでの広告、ポスターなど、探偵会社は見たことあるはずです。ところが普通の企業や商品と違って、評判は分からないし、友人知人に聞けない、知り合いにいるわけもありません。

たまたま決めてしまった探偵会社で失敗をしてしまい弊社にご依頼されるお客様も増えてきています。でもそれでは、時間や労力、金銭面の無駄になりかねません。契約するまでの選択肢の一つとして、以下の記事を参考にしてください。

インターネット等で探偵会社を調べ信用できそうな会社をピックアップする

タウンページなどで検索をする人がいますが、インターネットで詳細を調べてからピックアップをしていきましょう。

会社の所在地が明確であり自宅や調査場所から近い

ホームページはどこの会社でも似たり寄ったりだと思いますが、その中で、会社概要など、その会社の情報を見て下さい。会社の所在地、事務所が掲載されていない探偵会社、興信所はNGです。

問合せをした所、実はとんでもなく遠い会社だったりする可能性がある訳です。またこのような会社は、探偵会社名を複数持っていて、社名を沢山用意し、ホームページも各々あるケースもあるので注意をしてください。

調査場所から近い調査会社を薦めるのは、道路状況、交通状況に素早く対応できるからです。

探偵会社の調査料金が表示されている

一般的な企業では商品の値段なり、最安値なりは大体表示されていると思います。探偵業にあたっては、何かを作り出し、商品を売る訳ではありません。依頼者は、見えないものに支払いをしなければなりません。

保険のように何かを保障されるわけでもありません。そうすると探偵会社が依頼者側の立場になって考えれば、出来るだけ料金表示をしようと思うハズです。基本的な料金の表示がない探偵会社は非常に危険です。

表示をしない会社側のメリットは、高額な料金にて見積りをしたい、資産を持っている人には、料金を上乗せする(ぼったくりたい)
などのことも考えられます。値段を吊り上げてくる探偵業者もいますので、気をつけましょう。

何社かの探偵料金を調べ探偵を依頼する際の相場を知ることは大切です。そして、自分の支払い可能金額を決めておくことも必要です。横浜で弊社はサービスを行っていますが、地域でも価格は変わって来ることがあります。

電話で問合せをする場合の注意点

何社か選んだ探偵会社に電話をしてみましょう。フリーダイヤルがある会社がオススメです。無料相談がほとんどですが、必ず相談料は無料の会社にしてくださいね。

電話番号を非通知にすると繋がらない会社は危ないわけではない

電話を受ける会社側の都合です。電話番号さえ隠したい人の相談は受付しない、との対応をします。依頼者側の立場からしてみると、「問合せだけなのに、着信履歴でかかってきたらどうしよう」など不安な気持ちからだと思います。

ですから、そのお気持ちを察している会社とも言えます。

コールセンターらしき人物が電話に出る会社は見極めが難しい

対応がよいことは当たり前ですが、マニュアル通りのやり取りとなり、何一つ質問に答えてもらえないことになります。基本的にコールセンターを使っている会社の場合は、折り返し電話がかかってくる仕組みです。見極めが難しいので、自分で○○社コールセンターとメモをしておき、他の探偵会社で相談をしてから、再度電話をかけるようにするとよいでしょう。

電話では詳細が聞けない会社はダメ

マニュアル対応となり答えられない探偵会社は多くあります。大概が、面談の日時を決められ、いつの間にか、相談員とは名ばかりの営業に、契約をさせられる羽目になること間違いないでしょう。

営業と調査員は大手会社になればなるほど分けられています。営業は営業のプロが調査は調査のプロが担当しているのです。そのため営業は成約を取りたいがために、できないこともできると言ってしまうケースもあるようです。

※営業の強い探偵社に振り回された経験がある相談者様が年々増えてきています。

メール問い合わせの注意点

エースリサーチ探偵事務所でもメールでのお問い合わせは毎日ございます。メールでの問い合わせに関しても親切丁寧に対応をしてくれるかどうかもポイントの1つです。

基本的に、電話番号の記載は必須になります。基本的に大手探偵会社でない限りパソコンに不得意な現場主義の探偵社が多いのです。折り返しので電話がかかってきますが、具体的な質問をして答えられるか必ずチェックをしましょう。

料金のことしか言わない場合は、営業マンが電話をしてきている可能性が高いため注意をしてください。

見積もりが出ない会社は危ない

「見積もりを出さない会社なんか存在するの?」

これが案外多かったりするのがこの探偵業界です。グレーなイメージを持たれてしまうのは大変悲しいことなのですが、依頼者様側も以下のことに注意して質問をするようにしてください。概算見積りを出せない会社はNGです。

概算見積りを聞くために細かい名称等は伏せて詳しく説明をする

名称を言う必要はありません。

説明することが嫌な事柄もあるかもしれませんが、顔が相手に見えていない分、正直に素直に説明しましょう。

  • 調査の対象者、自分との関係
  • 不貞をしていると思う理由
  • 不貞している曜日、時間(調査の希望日程)
  • 対象者の行動(車、自転車、徒歩等)
  • 不貞の証拠だけが欲しいのか、相手も知りたいのか
  • 離婚したいのかどうか
  • 対象者の警戒や、以前調査有無等

探偵会社によっては詳しく聞かない場合もありますが、可能な限り詳しく説明したほうが、契約に近い概算見積りが出して貰えます。電話での対応を踏まえて、ご自分の予算等で依頼が可能か判断して下さい。

電話での応対が悪ければ、その会社はやめたほうがいいでしょう。そこは、あなたの直感で問題ありません。

本日は探偵会社をピックアップし、電話をかける、またはメールで問い合わせをするところまで記載しましたが、次回は実際の契約までに注意する点をご紹介します。

受付

-浮気調査

Copyright© エースリサーチ探偵事務所 , 2018 AllRights Reserved.